フローイメージ

DSデンタルスタジオ株式会社は、Holoeyes株式会社とVRプロダクトの販売代理店契約を締結しました。
すでに医科での実績があるHoloeyesの医療用VRサービスを歯科で展開いたします。

VRはvirtual realityの略で、プログラムによりつくられた三次元空間を、視覚などを通じて疑似体験できる仮想現実です。
歯科においてはCTや口腔内スキャナーで撮影した顎骨/口腔内データを三次元(3D)処理することによって、顎骨/口腔内の仮想現実が生成されます。ヘッドマウントディスプレイを装着してそのデータを見ることにより、あたかも自分が口腔内に入り込んだように、360度あらゆる方向から見ることが可能になります。
二次元(2D)では困難であった空間認識が容易になり、誰もが分かりやすいデータとして活用することができます。
臨床・教育・患者説明などに革新をもたらすサービスです。

▼医療用VRの歯科領域での活用デモンストレーション動画をご覧いただけます
医療用VRの歯科領域での活用 ソリューションデモ

▼プレスリリース全文はこちらをご覧ください
顎骨/口腔内データをVRで3Dに。臨床・教育・患者説明に革新を起こすサービス DSデンタルスタジオが販売代理店となり歯科に展開【PDF】